イギリス人とウチナンチュの同性婚のお話

沖縄に滞在する男性同性カップル(日本人と英国人)の同性婚やらビザやらの記録です。

沖縄の入管でも同性パートナーの滞在ビザを認めてくれるらしい

先日、福岡入国管理局那覇支局に行ってきました。

法務局などが入っている、那覇第一地方合同庁舎の中に入っています。

 

日本でイギリスの同性婚を行なった場合に、パートナーのビザはどうなるのか相談に行きました。

とあるブログで、これを見つけたからです。

法務省管在第5357号
平成25年10月18日
地方入国管理局長殿
地方入国管理局支局長殿

法務省入国管理局入国在留課長 石岡邦章

    同性婚の配偶者に対する入国・在留審査について(通知)

 在留資格「家族滞在」,「永住者の配偶者等」等にいう「配偶者」は,我が国の婚姻に関する法令においても有効なものとして取り扱われる婚姻の配偶者であり,外国で有効に成立した婚姻であっても同性婚による配偶者は含まれないところ,本年5月にフランスで「同性婚法」が施行されるなどの近時の諸外国における同性婚に係る法整備の実情等を踏まえ,また,本国で同性婚をしている者について,その者が本国と同様に我が国においても安定的に生活できるよう人道的観点から配慮し,今般,同性婚による配偶者については,原則として,在留資格「特定活動」により入国・在留を認めることとしました。

 ついては,本国で有効に成立している同性婚の配偶者から,本邦において,その配偶者との同居及び扶養を受けて在留することを希望して「特定活動」の在留資格への変更許可申請がなされた場合は,専決により処分することなく,人道的観点から配慮すべき事情があるとして,意見を付して本省あて請訓願います。

 なお,管下出張所長へは,貴職から通知願います。
(通知終わり)

 

ストレートカップルであれば結婚をした時点で、「配偶者ビザ」がもらえるのですが、同性婚の場合それに当てはまる物がないので、「特別活動ビザ」を発行しようということらしいです。

そもそもこの制度が始まった2013年当初は、日本に滞在する外国人労働者が自国で同性婚しているパートナーを日本に連れてくるためのビザとして始まったそうです。

実際にそのケースがほとんどなようで、日本人と外国人の組み合わせの特別活動ビザは実例としては少ないようです。もちろんイギリスx沖縄の組み合わせは沖縄で初めてでした。

 

担当の女性の方は親身にこの問題に取り組んでくださり、丁寧に説明もしていただけました。

実際のビザ申請は、ストレートカップルの配偶者ビザ申請の様式と同じものを使うようで、必要な書類もほとんど同じでした。



ただ、この特別活動ビザは就労の権利が認められておらず、この先フルタイムでの就労を予定している庭さんにはまた一つの壁になりそうです。

 

 

-----

ビザ申請後、必要書類など詳しいことを更新します。(2017/06/07)

 

 

 

 

このブログについて

 沖縄県那覇市在住の日本人(僕:沖縄出身20代後半)とイギリス人(庭さん:ロンドン出身20代後半)の日本でのパートナーシップ、同性婚のお話です。

 


日本で法的に認められていな同性婚をすることは、予想外のところで色んな壁がありました。僕自身も様々なブログの情報に助けていただいたので、1つのケースとして、国際結婚と同性婚を進めて行く記録です。

那覇市のパートナーシップの登録

イギリス大使館での結婚式に加え、那覇市でも同性パートナーシップの制度にも登録をしてきました。

那覇市は2016年7月より独自の同性パートナーシップ制度を開始しています。


本市では申請に基づき、「戸籍上の性別が同じである2人」が互いを人生のパートナーとするパートナーシップ登録を行い、証明書を交付する取り組みを今月から開始いたします。
 今回のパートナーシップ制度の導入は、当事者の方々から「存在が社会的に容認されると感じられ、精神的な支えになる」との早期導入を求める声に応えるものでございます。 

【記者会見】那覇市パートナーシップ制度への取り組みについて | 那覇市 Naha City

 

申請できる対象者の条件

1
 ・互いを人生のパートナーとし、継続的に共同生活をしている、
  又はそうしようと約束していること。
2
 ・2人の戸籍上の性別が同一であること。
3
 ・20歳以上であること。
4
住所につき、下記の①②③のいずれかに該当すること
 ①2人とも那覇市民であること。 
 ②1人が那覇市民、もう1人が市内への転入を予定していること。 
 ③2人とも市内への転入を予定していること。
5
下記の①②に該当する、1対1の関係にあること
 ①配偶者がいないこと。
 ②申請者以外の者とのパートナーシップの関係がないこと。

 

申請に必要な書類はこちら 


 

しかし、イギリス人の庭さんは戸籍を日本で持っていないので、代わりに自国から発行される「独身証明書」を持参するように言われました。

その証明書を取得するには、イギリスの出生届?が必要らしく一旦イギリスまで戻らないといけないとのこと。もともと独身を証明するための物なので、この事情と、イギリス大使館同性婚をすることを担当の方に伝えた所、柔軟に対応していただけました。代わりになる誓約書を提出し、なんとか申請書類を揃えることができたのです。

 

ちなみに、相手が外国籍の場合、当たり前ですが、パスポートと在留カード、日本の保険証などがあればよりスムーズに行くと思われます。

 

登録までの流れ

1. 電話で申請日を予約 (なは女性センター:098-951-3203)

  少人数で運営しているようで、急な予約ではなく相談しながら日時を決める感じでした。また、個室の使用状況にもよるみたいです。

2. 必要書類を申請日までに用意

  ※戸籍抄本は本籍地の役所でしか取れないので注意

3. 予約日に2人揃ってセンターを訪問  

4. センターの個室で、書類の記入や確認事項の読み合わせ

    2名の職員の方が確認しながら進めます。

5. 1週間程度で担当の方から電話があり、受け取りの日時を決める

   今回はまだ登録数も少ないということで、週末を挟んで4日程度で電話がきました。

6. 証明書交付

  センターは夜9時までやっているということで、事前に伝えさえすれば、仕事終わりでも取りに行けるのでかなり便利でした。受け取りは1階のカウンターで1人でも大丈夫です。僕らは2人で行きましたが、職員の方も「おめでとうございます」と証明書を渡してくれたので、より現実味が増しましたね。

ちなみに証明書はこういう感じです。

f:id:brioki:20170608111142p:plain

紙一枚かな?と思っていたけど、きちんとカバー?も付いていてセンターの細かい気遣いが感じられました。

 

職員の方々も皆さん、暖かい雰囲気で迎え入れてくれたので、スムーズに申請が済みました。ちなみに僕らの登録は那覇市で17番目。外国籍のパートナーの組み合わせは2組目とのこと。
制度開始から1年が経ちますが、同じようにパートナーシップ制度を導入している都市と比べて、人口比率からするとかなり多いとのことです。

ちなみに、興味本位で聞いたのですが、那覇市のパートナーシップの登録は、男性同士のカップルと女性同士のカップルは半々くらいだそうです。



こうして、無事パートナーシップの登録も終え、那覇市公認の同性カップルとなりました! 

 

次は、日本のイギリス大使館でにて同性婚を進めます。

 

日本に住んでいても東京のイギリス大使館で同性婚ができる!

2014年から日本にいながら、イギリスの同性婚ができるようになりました!

日本を含む24カ国の在英大使館・領事館において同性同士の婚姻が可能になりました

2014年6月3日から"Consular Marriage and Marriages under Foreign Law Order 2014”が施行され、日本を含む24か国の在外英国大使館・領事館において同性婚登録ができるようになりました。
今回の変更では、当事国の法律で同性婚を認めておらず、かつ、在英国大使館・領事館で同性婚登録を行うことに対して異義を持たない国においてのみ登録が可能となっています。

TMS news page

 

早速、庭さんが色々と調べてくれて、早速大使館と連絡をとりました。

ほとんどのやりとりはすでにオンラインでフォームが用意されているようで、全てオンラインで申し込みが済みました。


日本のような紙1枚で結婚できるものではなく、結婚予定日の2週間くらい前に一度大使館に出向き結婚の申し込みをしなければなりません。

(沖縄からだと2名はきついので庭さん1人で日帰りで行ってもらいました。)

すんなり30分程度で申し込みは終えたそうです。

この結婚予定日までの2週間の間、この2名が結婚することを公示し、異論を出す者がいなければ無事登録できるそうです。もともと物理的な掲示板に張り出していた慣習が今も残っているとのこと。

庭さん曰く、政府は「この2週間の間に本当に結婚していいのか?」という意味を込めているらしいです。

 

-----

 

[追記] 2017/08/21

去った6月に東京のイギリス大使館でついに同性婚登録を行なってきました。

f:id:brioki:20170821144041j:plain

 

ほとんどの書類は庭さん側で用意するもので、こっちからは日本の独身証明書とかパスポートくらいでした。プロセスは異性同士の国際結婚とほぼ一緒なので、ここでは省きます。

式にはそれぞれから一人ずつ見届け人?が必要で、東京に住んでいる友人にお願いしました。

予約した時間に到着し、厳重なセキュリティの門を超えて、郵便局のようなオフィスでしばらく待ち、式の前に結婚の手続きにかかる費用や各自の書類をチェック。


その後、アフタヌーンティーを嗜むような個室?で式を行われ、練習していた誓いの言葉をそれぞれが言います。英語で。

f:id:brioki:20170821145002p:plain

 

途中、指輪交換もしたのですが、その時にスクリプトが初めてみるものでかなりタジタジだったが、なんとかクリアできました。

ただ、正直「結婚式!」と思い浮かぶものとはちょっと別物。かなりシステマチックで形式的なものでした。

なので、沖縄とロンドンでも用意ができたら式とパーティーをしようと。

 

異性同士の国際結婚がどういう感じで行われるのかはわからんですが、もらった証明書も同性婚だから特別なものではなく、同じものということ。同性婚だから特別扱いしてもらわないのが、本来目指すところだなあとつくづく感じた所存です。